広島ブラス・シンフォニー(Hiroshima Brass Symphony) 

 

我々、「広島ブラス・シンフォニー」は、2009年に広島のアマチュア演奏家を中心に結成された金管アンサンブルです。

メンバーは、普通のサラリーマン、学校の先生、よくある事務員、社長、中には音楽をなりわいにしているものも数名。その多くは一般吹奏楽団に所属しており、垣根を越えて金管アンサンブル愛好家だけで結成しています。

 

だから音楽の方向性については、全員同じな点が最も自慢できるところだと思っています。もちろん、みんな仲良し♡最高の仲間たちと最高の音楽を奏でることの喜びは、他では決して味わうことができないと思ってます。

 

基本的には1年に1度演奏会を開催するというのが、私たちの目標です。これまで結成以降、ほぼ毎年演奏会を開催しています(1度だけメンバーの花粉症が重症ということで中止!)。フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブル・スタイルの10重奏を中心に大型編成から小編成まで多彩にこなしています。普段広島で聴くことができないような、ある意味「挑戦的な」プログラムも私たちの魅力のひとつだと思っています。


「音楽には妥協なく、それ以外はほとんど妥協」が合言葉。

 

みなさんに楽しんでいただける演奏をお届けできるようこれからも精進してます。是非演奏会にお越しください!皆さまにお会いできることを楽しみにしています!

 

広島ブラス・シンフォニー 代表 沖原 清